賢威とGoogleのアルゴリズム変動

賢威とGoogleのアルゴリズム変動

賢威は「Googleのアルゴリズム変動」の影響を受けないSEO戦略を意識しています。

 

 

 

 

賢威は「Googleのアルゴリズム変動」の
影響を受けないSEO戦略を意識しています。

 

 

 

賢威は、販売当初より
「Googleが目指す方向」を向いてきました。
その結果、パンダアップデート、ペンギンアップデートの
影響の少ない(むしろ順位アップするケースが多い)
サイトがたくさん生まれています。

 

 

 

賢威の提唱するSEOは、
巷でいう「王道のSEO」に属するかもしれません。
ただ、おそらく、ほとんどの方は、「王道のSEO」とは
超戦略的なSEO」であることを
知らないのではないでしょうか。

 

 

 

特に「王道」という言葉を見ただけで
「たいしたことないのでは?」と感じてしまう方は、
その偏った思考で、
これまで随分と損をされてきたことでしょう。

 

 

 

なぜなら、本当の王道SEOに
出会っていないと思われるからです。

 

 

 

賢威のSEO戦略の威力を知っている人は、
口を揃えて間違いなくこう言うでしょう。

 

 

 

旧来のSEO脳を持っている方は、
賢威のSEO戦略を学ぶべきだ」と。

 

 

 

例えば、賢威の提唱する「外部リンク対策」は、
ソーシャルメディアを使う人間心理に
ターゲットを定めた、
コンテンツプランニングを軸とした戦略です。

 

 

 

TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアを使う
ユーザーが、日頃、どんな心理で
情報発信しているのかの「行動心理学」を
分析することで、リンクが自然に集まる
コンテンツプランニングが可能となります。

 

 

 

実はこの戦略はウェブライダーが
最も得意とするところで、
ウェブライダーがスパム的なSEOをせずに
多くの実績を出せてこれたのも、
このコンテンツプランニングによる
効果が大きいと言えます。

 

 

 

正直なところ、今、最も効果的な外部リンク対策を
挙げるとすれば、この方法以外にありません。
どんなスーパーアフィリエイターも、
最終的にはこのノウハウを学ぼうとします。

 

 

 

ただ、このノウハウを教えるためには、
コンテンツプランニングの長年の経験が必要となります。
従来のような「人工的な外部リンク対策」を行ってきた
SEO会社やコンサルタントの方は、
そのノウハウを教えることができません。

 

 

 

なぜなら、コンテンツプランニングを使って
上位表示させた経験が無いからです。

 

 

 

教えられる人が少ないからこそ、
そういったノウハウが表に出てこない、という
現状が起きてしまっているのが、
今のSEO業界だといえます。

 

 

 

また、「内的SEO」に関しても、
以前に比べて専門的な知識が必要となっています。
例えば、現在のGoogleは「microdata」を使った
リッチスニペットなどをサポートしていますが、
それらを理解してつくられたテンプレートは
まだまだ少ない現状です。

 

 

 

おそらく、URLの正規化をするための
「canonical」を適切に使える
制作会社もまだまだ少ないでしょう

 

 

 

「SEOに強いホームページテンプレート」と
呼ばれる商品は山のようにあります。

 

 

 

ただ、どれだけデザインが素晴らしくても、
根本となる内的SEOの知識がなければ、
ただのホームページテンプレートです。
残念ながら、そういう商品は山ほどあります。

 

 

 

その上で間違いなく言えることは、
賢威は、現役のSEOプロフェッショナルが
開発したテンプレートだということです。

 

 

 

自社が実際に上位表示させたノウハウを
テンプレートに組み込んでいるからこそ
「SEOに強い」と胸を張って言えます。
すなわち、見様見真似のSEOテンプレートとは、
根本が異なります。

 

 

詳細は、↓ ↓ ↓今すぐ、クリック

 

⇒SEOに強い戦略的テンプレート「賢威6.2」

 

 

 

賢威とGoogleのアルゴリズム変動関連ページ

「賢威」はブランド名
「賢威」は、ユーザーと一緒に育ってきた商品です。

ホーム RSS購読 サイトマップ